投資 投資信託

NISAの買付銘柄について

 

NISAの買付銘柄について公開するよ!

SBIバンガードS&P500とSBIバンガード全世界の2つに分散投資しているよ!

 

 

投資信託を選ぶ際に一番大事なことは、運用コストが低いことです。

 

たとえば、とある投資信託について見てみると(これはSBI証券のページです)

 

 

① 買付手数料
② 信託報酬
③ 信託財産留保額
④ 解約手数料

という項目があります。それぞれについて説明します。

① 買付手数料

これは投資信託を購入した際に、かかる経費のことです。購入金額に関わらずに、無料(ノーロードといいます)のものと、場合によっては2-3%かかるものがあります。

銀行の窓口などで販売されるものなどはこれが非常に割高なものが多く、売買を繰り返させることで手数料を儲けているのです。

② 信託報酬 

これは毎年保有額に応じてかかるものです。例でだしたこの投資信託では、0.968 %/年 となってますが、これは非常に高い水準です。

毎年4-5%のリターンを期待している投資において、必ず1%近くのマイナスが毎年決まっているのは相当なハンデになります。

相場や先の未来はどうなるか分かりませんので、我々がコントロールできるものはコストです。

③ 信託財産留保額
④ 解約手数料

この2つは解約時にかかる手数料です。いつかは必ず売却するので、これもかからないにこしたことがありません。

 

 

ジジが買っている投資信託の手数料は以下の通りだよ!

 

信託報酬のみ0.1%くらいのものになります。先程の1%くらいの投資信託と比べると、コストだけで1%弱/年の差ができてしまいます。

 

結論ですが、コストが安い投資信託を買いましょう

 

ネット証券が必須です。銀行窓口に行ってはいけません。クソ商品を掴まされます。

今日現在であればおすすめはSBI証券 か 楽天証券 の2択と思います。

まずは開設して、少しずつ投資を始めましょう!

 

それではまた会いましょう!

-投資, 投資信託,

Copyright© 整形外科医のお金の話 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.